弁護士に依頼するメリット

残業代を請求するにあたって、弁護士に依頼した方が良いという話を聞いたことがある人も多いと思います。
弁護士は法律のプロフェッショナルであるばかりか、労働問題に関する場数も違います。
今回は、残業代請求に置いて弁護士に依頼した方が良い理由について詳しくご紹介します。
最初のポイントは、残業代の計算方法や有力な証拠に関する知識で豊富であるという点です。
残業代未払の企業が交渉に応じない場合、労働者はまず残業代の請求書を提出することになります。
ここで大事なのは、自分の残業代を正しく認識しているかです。
法定内労働と法定外労働の違いや、休日出勤における割増賃金など、残業代の計算は思いの外複雑です。
これを自分の頭で計算した結果、本来の残業代とは異なる数字が出てきてしまうかもしれません。
これでは企業側から不当な訴えであることを指摘され、残業代を手にすることもままならないのです。
正しい残業代の計算は、残業代を請求するためのステップとして欠かせないからこそ、プロである弁護士に手伝ってもらうことがおすすめなのです。
また労働審判や和解のための話し合いに臨む際には、労働者側が残業に関する証拠を握っていることが交渉を有利にします。
しかし、実際に証拠を集める役割は労働者である皆さんに委ねられることも少なくありません。
そのとき、どんなものが証拠になるのかを知らずにいると、重要な証拠を処分してしまう可能性も生まれるわけです。
事前に弁護士と打ち合わせをしたうえで証拠探しに臨むと、同じ景色を見ていても探し方が変わってきます。
タイムカードのコピーやパソコンのログイン記録、勤務日誌などを収集する方法や、会社に対して記録の開示を求める手続きについても、弁護士が後ろ盾してくれると思えば安心して臨むことが出来るでしょう。
弁護士の存在が何よりも頼もしく思えるのが、訴訟になった場合です。
裁判というのは一種の独特な空気を持っています。
労働者の皆さんが矢面に立って法廷の場で声高に主張を展開するというのは難しいですよね。
労働問題に力を入れている弁護士事務所であれば、経験している場数が違いますし、多くの判例に通じています。
用意した証拠に基づいて、残業代に関する要求を訴えてくれることでしょう。
弁護士を依頼する際のネックとなるのが依頼料です。
料金は弁護士事務所によって異なりますが、不安な方は事前に電話やメールで問い合わせておくと良いでしょう。
また、無料相談会を開いている弁護士事務所を活用しつつ、訴訟や労働審判の段階になったら本格的に依頼をしてみるといった利用方法も存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA